冴えない彼女の育てかた 13巻 感想 ネタバレ あらすじ

冴えない彼女の育てかた13 (ファンタジア文庫)

加藤恵への告白。そしてゲーム完成に向けてのラストスパート。あの日、あの坂道での運命の出会いからすべては始まった。もうお前は冴えない彼女なんかじゃない、胸がキュンキュンするメインヒロインだ!




遂にシリーズ本編の完結となる『冴えない彼女の育てかた』

そのシリーズ最新刊であり最終巻でもある『冴えない彼女の育てかた 13巻』のネタバレありの感想になります。

ネタバレありの感想になりますが、ネタバレありの感想になる前に注意書きをおいてあります。

ですので、未読の方やネタバレを見たくない方でも、そこまでは読んでいただいても大丈夫なはずです。


大好きなシリーズでしたので最終巻である『冴えない彼女の育てかた 13巻』の発売が嬉しいような寂しいような複雑な気持ちでした。


スポンサーリンク


ネタバレなしの感想


面白かった!私の読書履歴の中でもトップクラスのイチャコラを楽しめましたよ!!

冴えない彼女の育てかた 13巻』は、冴えない彼女という長いシリーズのエピローグとして文句なしの素晴らしい内容でした。

『倫也』の恋愛面での結論と『加藤 恵』、『澤村・スペンサー・英梨々』『霞ヶ丘 詩羽』それぞれの『倫也』への気持ちの落ち着き先とは、『冴えない彼女の育てかた 12巻』と『冴えない彼女の育てかた Girls Side 3巻』とで大きく決着がついています。

大きな問題は解決済みとなっていますから、恋人同士となった『倫也』と『加藤 恵』のイチャイチャで甘々な姿を楽しめました

第一章を丸々つかった『倫也』と『恵』のイチャイチャは溜まりませんでしたね。恋人同士がイチャイチャしているだけのシーンなのに読者の私が楽しめたのは、この二人のキャラクターに対しての思い入れがあり、これまで二人が積み重ねてきた時間や交流を知っているからこその満足感や幸福感があるのだと思います。

王道ラブコメ作品の一番美味しいところをついに味わえましたよ。


恋愛面では敗者となった『英梨々』と『詩羽』ですが、存在感は『冴えない彼女の育てかた 13巻』でも褪せていなかったですね。

コメディパートでの活躍は無論大きく面白さを発揮してくれましたが、それ以上に恋愛面での決着をつけるシーンはすごく良かったです。

改めて『倫也』から伝えられた気持ちを受け入れた『英梨々』と『詩羽』

受け入れ方、受け入れた後の気持ちの切り替え方は二人とも別々ではありますが、『英梨々』と『詩羽』の二人とも悔いの無い片想いだったんじゃないかと思います。

『英梨々』の方はまだ愛惜の念が残るかもしれませんが、それを受け入れて前に進んでいく姿に愛しさを感じましたね。


今巻のエピローグで『blessing software』メンバーのその後の姿も描かれてます。

それぞれが新たな未来へ向かって進んでいく姿に、いつまでもこのキャラクターたちの物語を読み続けたい想いがあります。

ですが、『冴えない彼女の育てかた』という物語は、綺麗に納まっておりますし読者それぞれが余韻にひたるのが正しい気もします。
面倒くさくて、重たくて、だけどそれが魅力的な素敵な女性陣を生み出してくれたことと、その女性陣を受け入れることができる癖のある主人公を生み出してくれた「丸戸史明先生」と、その素敵な女性陣の魅力を余すところなくイラストで描いてくれた「深崎暮人先生」とに感謝をささげたいと思います。

またこのお二方がコンビを組んだ作品を、ぜひ読ませていただきたいと心から願います。

本当に頼みますよ富士見ファンタジア文庫の編集さん、この二人のコンビを継続してお願いいたします!

スポンサーリンク


ネタバレありの感想


ここから下は『冴えない彼女の育てかた 13巻』のネタバレありの感想になります。

未読の方やネタバレを見たくない方は、ここで引き返すことを推奨いたします。




恵と倫也


ネタバレなしの感想にも書きましたが、恋愛面の決着はついています。

『恵』が勝者となりましたので『冴えない彼女の育てかた 13巻』では、恋人として付き合ってからのドキドキが楽しめる甘々の内容でした。

夜、同じ部屋で横になった恋人同士が、近い距離にいる中でお互いの感情を伝える楽しさドキドキと甘酸っぱさは、初めて恋人が出来た時やキスした時の気持ちを思い出せて、読んでいる私もドキドキしちゃいましたよ。

同じ部屋に男女が2人、好きという感情を受け入れてもらえたうえにキスまでしたのに、それ以上の行為を抑えられた『倫也』は、大した男ですよ。

『倫也』自身はヘタレとか言っていましたが、関係をすぐに深めてしまうより、今はこの距離感を楽しむのが一番だなって私は思いますよ

付き合いたてのイチャイチャが一番楽しいですし、徐々に関係性が深まっていくのも凄く楽しいし素敵なことですからね。と何故か余計なお世話な感想を出してしまいました(笑)


『恵』も『倫也』の気持ちを確認するように好きと言わせていましたが、『倫也』が『恵』を想う気持ちは、作中のゲーム『冴えない彼女の育てかた』の「巡璃」シナリオであからさまに表現されていますからね。

何度も「巡璃」シナリオを読み返していましたし、『恵』は繰り返し『倫也』に告白されているようなものですからね。

そりゃ他の登場人物に「巡璃」シナリオへの不満やダメ出しされたら不機嫌になるってものですよ(笑)


『恵』は物語開始当初の様なフラットな『恵』ではなく、『倫也』に関することにはとても感情露わにするようになりました。

面倒くさくて重たくて一筋縄ではいかない『恵』ですが、そんな気持ちを露わにするのは相手が『倫也』だからなんですよね。


『倫也』の方も、尊敬していて、敬愛していて、一緒に夢を追いかける仲間と思っていて、でも手が届かないと思っている『詩羽』や『英梨々』ではなく、『恵』を手に入れたいと思って告白したわけですからね。

『倫也』にとっての好きな女の子は、メインヒロインは『恵』なんですよ。

だから、『倫也』と『恵』の2人は、これからもぶつかったり拗れたりとしながらも、ずっと主人公とそのメインヒロインでいられると思います。


詩羽先輩と英梨々


『恵』を勝者とするなら、『詩羽』と『英梨々』は恋愛面での敗者となります。

ですが、敗者という文字から感じる様なマイナスのイメージは、この2人からは感じませんでした。

冴えない彼女の育てかた 13巻』の第4章と第5章で改めて恋愛面での別離をキチンと描いているからだと思います。

恋愛での決着を受け入れながらも、創作者としての関係はこれからも続いていく。

『詩羽』と『英梨々』の2人は、『倫也』と恋人にはなれませんでしたが、ずっと同じ戦場で戦っていく仲間であることに代わりはありません。

それに、『詩羽』と『英梨々』の2人とも『倫也』への恋愛感情に愛惜はあるでしょうが、引きずっていません。

今までの『倫也』への想いを抱えながらもそれに引きずられている訳ではなく、未来に向かって進んでいく姿を見せてくれたから、恋愛面での別離にマイナスイメージを持たなかったんでしょう。

4章と5章を読んで、その章の最後の挿絵を見たときには前に向かって進んでいく『詩羽』と『英梨々』のそれぞれの姿に胸が震えましたよ。

『英梨々』の笑顔、『詩羽』の微笑み、2人キャラクターらしさを表していて素晴らしいです!

本当に『冴えない彼女の育てかた』という作品は、本文と挿絵の相乗効果が凄い作品でしたね。


ただ、『冴えない彼女の育てかた 13巻』を読み終えてから、第5章の章題を読むと結構台無しですね。

俺の感動で震えた心を返してほしい(笑)




何度も言いますが、私は「丸戸史明」先生と、「深崎暮人」先生のコンビが大好きです。
この御二方のコンビで新作が出るのなら間違いなく発売日に買います。

『Taki』くんじゃないですが、御二方の作品を追い続けようと思います。

関連記事
冴えない彼女の育てかた 10巻 感想
冴えない彼女の育てかた 11巻 感想
冴えない彼女の育てかた 12巻 感想
冴えない彼女の育てかた Girls Side3巻 感想
冴えない彼女の育てかた 13巻 感想

おすすめ
『冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた』完成&完売御礼を記念して、お勧めする作品はコチラ『大東京トイボックス』です。

ゲームメーカを舞台にしたゲーム創作の厳しさ、楽しさ。ゲーム業界の内容について楽しめる作品ですね。

主人公たちが魂をふるえるゲームを作るために奮闘する姿がとても楽しかったですね。

作品中盤から後半にかけてはゲームの社会に及ぼす影響、ゲーム犯罪についてやレーティングといった方面に主軸が写ってしまいましたが、私はゲーム作成が主軸だった展開の方が好きでした。

それでもこの作品はために読み返したくなるほどに面白いのでお勧めですよ!

大東京トイボックス (1) (バーズコミックス)
幻冬舎コミックス (2012-09-06)
売り上げランキング: 28,712

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント