ゲーマーズ! 4巻 亜玖璃と無自覚クリティカル 感想 ネタバレ あらすじ

ゲーマーズ!4 亜玖璃と無自覚クリティカル (富士見ファンタジア文庫)

《Amazonからのあらすじ引用》星ノ守千秋にとって、家族以上に大事なネット上の恩人―“ヤマさん”。その正体が宿敵、雨野景太だと気づいた時、彼女の本当の初恋が始まってしまう―全てを明かすことを決意した千秋だが―。一方、ゲーム初心者の亜玖璃は雨野のせいでDLCの虜に!?やはりゲーマーたちの青春ラブコメはまちがっている!

今期アニメ化作品の双璧(※1)の一つ『ゲーマーズ!』
※1.何かのアンケート結果ではなく、私の中での独自ランキングです。ちなみに双璧の残り片方は『メイドインアビス』です!

その『ゲーマーズ!』原作小説の4巻である『ゲーマーズ! 4巻 亜玖璃と無自覚クリティカル』のネタバレありの感想になります。

なお、ネタバレありの感想になりますが、ネタバレありの感想に入る前には注意書きをおいてあります。



スポンサーリンク


ネタバレなしの感想


続きが気になり早く続きを読みたい気持ちと、すれ違いの連続で望まぬ人間関係に発展するのを読みたくない気持ちがぶつかり、読むのが遅々として進みませんでしたよ。

読み始めてしまえば面白さ抜群なので一気に読めてしまうんですけどね。

物語内のゲームについての雑談がゲームあるあるネタとして楽しめましたし、それ以上に息抜きとして機能していますよ。

このゲームネタパートがないと一気に読むのがキツイですわ。



さて、お話としては前巻『ゲーマーズ! 3巻』のクライマックスで『星ノ守 千秋』が衝撃の事実を知ったところをからの続きになる訳ですが、さすが拗らせたディスコミュニケーションコメディだけはありますね。

その事実を知り距離を詰める行動に出るのかと思いきや、距離が縮まるどころかむしろ距離が遠のいたと言える状態になるのですから。

前巻で唐突に『星ノ守 心春』が出てきたと思ったら、『雨野景太』に直ぐに惚れたなって思っていましたが、この拗らせた展開にするためだったんだなって思えば納得ですね。

彼女の存在が無かったら良くも悪くも『星ノ守 千秋』と『雨野景太』の関係に答えが出て拗らせることがなかったでしょうからね。

『星ノ守 心春』の存在は『星ノ守 千秋』にとって支えにも障害にもなる美味しい存在となりましたね。

恋敵ではあるけど妨害する邪魔な敵ではなく、『星ノ守 千秋』の背中を押す役割をする良い意味での恋敵になりそうで楽しみです。


『星ノ守 千秋』の方がどんどん拗らせていく一方で、『雨野景太』と『天道 花憐』の関係は、順調に深まっているように見えて微笑ましいですね。

『天道 花憐』が残念な感じなのはアニメと一緒ですが、『ゲーマーズ! 4巻』では惚気てる姿や仲がいい姿を見せてくれてラブコメ好きには堪らない姿でしたよ。

『雨野景太』の方も『天道 花憐』に対する好意が深まっていますし、独占欲も当然出てきた感じで真っ当な恋愛事情が描かれていますね。

本当に、それぞれが大事なことをきちんと話していれば2組の恋人、ゲーム同好会のメンバーとして普通に結ばれるはずなんですけどね(笑)

誤解を解こう、確かめて先に進もうってときに限って大きな勘違いを発生させるのですから。まだまだこの複雑な人間関係は続きますし、混迷が深くなりそうで楽しみですよ。

それにしても副題にもある『亜玖璃と無自覚クリティカル』ですが、本当に致命的でしたね。

どちらかというと『無自覚クリティカル』は、『雨野景太』の方が起こしたって気もしますが、『雨野景太』自身の行動は正しく人の良さを表しているのですが、タイミングだけが本当に致命的でしたね。

このクリティカルの影響で、先に進もうとしていた面々がどう誤解して、次の誤った行動に進んでいくのかが楽しみなような怖いような複雑な気持ちです(笑)

ゲーマーズ! 5巻 ゲーマーズと全滅ゲームオーバー』を早く読んで続きを確かめたいと思います。



スポンサーリンク


ネタバレありの感想


ここから下はネタバレ注意になります。
ゲーマーズ! 4巻 亜玖璃と無自覚クリティカル』のネタバレありの感想になります。

未読の方やネタバレを見たくない方は、ここで引き返すことを推奨いたします。





雨野景太と天道花憐について


ネタバレなしの感想にも書きましたが、順調に仲良くなっていますね。

電話で愛する彼女と言っちゃうとか、大好きと言っちゃうとか、熱々の2人じゃないですか。

そんな惚気電話を目の前でされてしまった『星ノ守』姉妹には同情ですわ。

親友である『上原』くんにも譲れないし、『天道 花憐』の魅力を自分だけのものにしておきたいという独占欲の芽生えも出てきましたし、このまま2人は結ばれて幸せになって終わりそうなんですけど。

ただ、『天道 花憐』の方が疑心暗鬼で暴走しちゃうし、『星ノ守』姉妹が恋愛戦線に参戦するしで一筋縄じゃいかないのだろうなっていうのも想像できちゃうのが笑えるけど辛いですね。

『亜玖璃』さんとの関係を疑い、疑心暗鬼で暴走して隙間が出来ちゃうという流れが来るのかしら?

『上原』くんと互いに腹を割って恋愛話を真剣にすれば、結構問題は解決しそうな気がするのですが。

大事なことは確認せずに自分の中で答えを出してしまうのが『ゲーマーズ!』の登場人物の共通点だから難しいだろうな(笑)



星ノ守姉妹の参戦


前巻『ゲーマーズ! 3巻』クライマックスで知った事実から『雨野景太』のことを意識してしまった『星ノ守 千秋』

『Mono』であること『ノベ』であることを伝えて今の喧嘩友達と言う立ち位置から、進展させるのかと思いきや、より混迷を招く洗濯をしちゃうとか……

確かに人付き合いが苦手な『星ノ守千秋』ですから、伝えられないというのは想像できましたが、『Mono』であること『ノベ』であることを妹の『星ノ守 心春』に押し付けるのは想像の範疇外でしたよ。

ある種その結果、出遅れていたヒロインである『星ノ守 心春』にはチャンスですが、『星ノ守千秋』にとって更なるハンデになってしまいましたね。


『星ノ守千秋』からするとと『雨野景太』とは喧嘩友達として仲良くしているという、現状のままでも満足できる心地いい存在で貼るのですよね。

その現状の安定した関係性から踏み出すというのは『星ノ守千秋』にとってかなり勇気がいることだと思います。

今の心地いい関係が壊れてしまう怖さ、ただの喧嘩友達だと思っていた相手に抱いてしまった仄かな恋心、これまでネット上でコミュニケーションを重ねてきた大事な相手という意識、これだけ想いが積み重なると動けないのも分からなくはないのですよ。

でも、『Mono』であること『ノベ』であることを別人である『星ノ守心春』に押し付けてしまったことは失敗だったと思います。

隠してしまった真実を『雨野景太』に余計に話せなくなってしまう事もそうですが、それ以上に大事だと思っている相手を騙してしまった引け目は、恋愛にも跳ね返ってくると思います。

それに結果的に騙されてしまっている『雨野景太』に対してとても失礼なことだと思うのですよね。

お互いに大事と思っている関係に対して、偽りの伝えるという事は黙ってることよりも過失が大きいのですよ。

この偽りの関係について、また偽ってしまった事情について『雨野景太』に伝えることこそが、『星ノ守千秋』が想いを伝えることのスタートラインになるのだと思います。

きっとその際には『星ノ守 心春』が背中を押してくれたり、支えてくれるんだろうなって思います。

『星ノ守 心春』は『雨野景太』との恋愛戦線に参戦する意思を伝えていましたが、それでも姉である『星ノ守 千秋』が動けない時には助けてくれるのだろうなと思わせる描写が、『ゲーマーズ! 4巻』でも多数みられましたからね。

本当、互いに想い合う良い姉妹だと思えます。




今巻の上原君


巻が進むごとに女性陣からの評価が下がっていく残念イケメン枠になってしまった『上原』くん。

今巻までは同情していましたが、さすがに今巻は自業自得過ぎて私もフォローできないですね(笑)

『上原』くんの台詞は、自ら誤解を招くようにしているとしか思えませんわ。

『雨野景太』に「お前の恋を応援できない」って発言をしていましたが、どう考えても恋のライバル宣言以外の何物でもないですわ(笑)、

そりゃ『雨野景太』が誤解しない訳ないですよ。

この発言で増々誤解が膨らんでくるわ。

良かれと思ってやった行動が尽く裏目に出るイケメン『上原』くんは、『ゲーマーズ! 5巻』でも良かれと思って場をかき乱してくれそうですよ。

いつの間にか『星ノ守千秋』じゃなく、『上原』くんがトリックスター枠になっちゃったわ。


個人的には『亜玖璃』と『上原祐』の幸せな惚気話がみたいので、早く収まってほしいですよ。



ゲーマーズ! 5巻』でそんな姿を見れることを期待します。

関連記事
ゲーマーズ! 1巻 感想
ゲーマーズ! 2巻 感想
ゲーマーズ! 3巻 感想
ゲーマーズ! 4巻 感想
ゲーマーズ! 5巻 感想

おすすめ
今回のお勧めは『ゲーマーズ! 8巻 星ノ守心春と逆転バックアタック』です。

私も先週末に買いました!
ただ感想をあげた『ゲーマーズ! 4巻』までしかまだ読めていないので、お勧めのポイントがまだあげられないのですよ(汗)

サブタイトルに出ている『星ノ守心春』が逆転するってわけですから、Monoとノベのことについて真実を話して告白するのかしら?

気になるけど表紙は『天道』さんだし、いったい誰が『雨野景太』と結ばれるんだ?
気になりますので早く既刊分を全て読んで、この新刊までたどり着こうと思います。
ゲーマーズ!8 星ノ守心春と逆転バックアタック (ファンタジア文庫)
葵 せきな
KADOKAWA (2017-07-20)
売り上げランキング: 591

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント