メイドインアビス 4巻 感想 ネタバレ あらすじ

メイドインアビス(4) (バンブーコミックス)

《Amazonからのあらすじ引用》タマウガチの毒に侵され、昏睡状態に陥ってしまったリコ。
だがレグとナナチの献身的な介抱により、無事回復を遂る。
そしてナナチのアジトで再び体勢を立て直した三人は、アビスの下層を目指し、さらに過酷な冒険を続けていく――。
そんな中、六層への入り口・前線基地(イドフロント)で、三人の前に現れた少女・プルシュカ。
彼女はなんとナナチの宿敵ボンドルドの娘だった――。
必然と奇跡が入り混じる大冒険活劇、第四巻!!

アニメ人気放送中の『メイドインアビス』

アニメはちょうど第4話まで放送されましたね。

アビスへの旅に飛び出した『リコ』と『レグ』が描かれていましたが、原作であるマンガでこの辺を読んでいた時は、ペースの速さに驚いた覚えがありますね。

『リコ』にとっての未踏の地である2層の冒険をじっくり書くのかと思いましたが、駆け抜けていきました。

考えてみれば『リコ』の目標は「アビスの底」の訳ですから、2層でだらだらしてるわけなかったんですよね。

ついつい週刊ペースのマンガの進みと比べてしまい、各層毎の冒険じっくり書くと思いこんいましたよ(笑)

いまでは『メイドインアビス』の駆け抜ける様な展開のペースのトリコですわ。

ただ、駆け抜けるようなペースで冒険は進んでいますが、人間描写や心理描写、冒険の面白さは損なわれておりませんので、そのさじ加減に感嘆しきりですよ。

「つくしあきひと」先生は正直天才ですね。

という訳で今回は『メイドインアビス 4巻』のネタバレありの感想になります。

ネタバレありの感想になりますが、ネタバレありの感想の前には注意書きをおいております。

スポンサーリンク


ネタバレなしの感想


『メイドインアビス4巻』でついに『リコ』が復活です。

『メイドインアビス 3巻』で『リコ』はほとんどけがで倒れていましたからね。

リアルタイムで読んでいた単行本派は、この復活まで長く待ったことでしょう。

私の場合は既刊5巻まで出ている状態で読みましたから復活まで待たずにすみましたが、リアルタイムの人は待たされてことでしょうね。

『リコ』の復活とともにアビスの冒険が最下位となりましたから、やはり『メイドインアビス』は『リコ』があってこその冒険譚なのですね。


そして『メイドインアビス 4巻』から、『リコ』と『レグ』の一行に正式に『ナナチ』が参加となりました。

いやあ、本当に『ナナチ』は可愛いなあ。

『ナナチ』に「いいよいいよー」っていいながら私も撫でたいですわ。

リコ皿を食べて満喫の表情の『ナナチ』も可愛いですし、望んでいたけど叶うことがなかったアビスへの冒険に胸が高鳴る『ナナチ』も可愛いですし、憎い仇敵である恐るべき相手である『ボンドルド』と対峙する『ナナチ』も可愛かったですわ。

本当に何をしてても『ナナチ』は可愛いなあ。

とまあ、『ナナチ』の可愛さについてはこの辺で抑えておかないと暴走しちゃいますね。
『リコ』と『レグ』に、「アビス6層」までの知識をもつ『ナナチ』が加わり、いよいよアビス深淵たる第6層への到達である「絶界行(ラストダイブ)」がみえてきました。

その「絶界行(ラストダイブ)」への最後の関門こそが黎明卿『ボンドルド』です。

『リコ』や『レグ』に悪意を持っている訳ではありませんが、深淵を挑むことを至上としている『ボンドルド』の行為は、『リコ』と『レグ』に対して大いなる脅威であり敵意であります。

『ボンドルド』という脅威に挑む『リコ』と『レグ』

『ボンドルド』の脅威を突破し、第6層へ到達することが出来るのか?

新たに登場した『プルシュカ』は、『リコ』達の味方なのか?

メイドインアビス 4巻』は戦闘回という感じでしたが、とても興奮しました。

次巻『メイドインアビス 5巻』で『ボンドルド』との戦いに決着を、そして「第6層」への挑戦を楽しみに読もうと思います。


スポンサーリンク


ネタバレありの感想


ここから下はネタバレ注意になります。
メイドインアビス 4巻』のネタバレありの感想になります。

未読の方やネタバレを見たくない方は、ここで引き返すことを推奨いたします。


リコ一行について


『リコ』の復活は嬉しかったです。やはり『リコ』あってのメイドインアビスですからね。

ただ、あれだけの大けがをした訳なので後遺症が残ってしまっていました。

ただ、毒への対処のために左腕を切断しかけたわけですから、やはり『リコ』の左腕に後遺症が残ってしまいました。

この左腕の残った後遺症について『リコ』が語るところは『リコ』の不屈の精神と、『レグ』を気遣う気持ち仲間に対する想いが描かれていて、とても良かったです!

左手の指が親指しか動かないと分かった時に、「親指しか動かない」と嘆くわけではなく、「親指だけでも動く」と前向きにとらえるところは、これまでの『リコ』の不屈の精神を思い出せましたよ。

そうですよね。『リコ』なら何が出来ないという考えではなく、何が出来るかと言う考えをしますものね。

『リコ』の腕に残った大きな傷は、『レグ』との絆の証でもあり、『リコ』の不屈の精神の証でもあると思えます。

『リコ』も復活しましたし、いよいよ第6層へ向かうことになりましたが、6層へ行くには自分自身の白笛が必要という事実が分かりました。

『リコ』達は自分自身の白笛を手に入れることが出来るのか?という点も楽しみですね。

ただ、白笛の入手も一筋縄では行かなそうなのが『メイドインアビス』でしょう。どんな犠牲を払うことになるのか不安が凄いですよ(笑)

ナナチについて


『リコ』たちに着いて行くことを選んだ『ナナチ』

『ナナチ』が同行することを決断した理由は、『ミーティ』の魂が『リコ』を救ったという事が大きいんじゃないかなって思います。
毒で倒れていた『リコ』の魂が『ミーティ』の魂と触れ合っていたことで、『リコ』は倒れていた時も不安になりませんでした。

そして『リコ』が『レグ』達の元に戻ってくることが出来たのは、アビスの呪いから解放された『ミーティ』の魂が、『リコ』に目的を思い出させたからなんでしょう。

正直、『メイドインアビス 4巻』最初のエピソードである『闇からの生還』にして、早々に胸が熱くなり、涙がこぼれそうになりましたよ。

呪いに捕らわれ自我を失くした『ミーティ』の魂は、それでもまだアビスの冒険を目指していたし、『リコ』を見守ってくれたのだと思うと切なくなりますよ。

そんな『ミーティ』が救った『リコ』のことを『ナナチ』が見捨てられるわけないですからね。

何より、ここから先には『ナナチ』が最も恐れる『ボンドルド』の脅威があるわけですから、余計に分かれるという選択肢はなかったのでしょう。


『ナナチ』は心の中で『ミーティ』への感謝の言葉と、もう少しだけ待っていてくれと言うお願いを伝えていました。

「もう少しだけ待っててくれるかな」という言葉は『ミーティ』もきっと望んでいないと思うのです。

『ミーティ』は『ナナチ』のことを大事にしていましたし、きっと自分が望んでも叶わなかった冒険を『ナナチ』が叶えてくれることを望んでいるはずですから。

『リコ』達とアビスを冒険することで、『ナナチ』も冒険を楽しみ、すぐに『ミーティ』のもとへ行こうとするのを抑えてくれることを私は望みます。


ボンドルドについて


『ナナチ』を始めとする成れ果てを産み出し、『ミーティ』を苦しめた元凶である黎明卿『ボンドルド』が、この『メイドインアビス 4巻』で立ちふさがります。

いや、『メイドインアビス 3巻』での非道な行いから分かってはいましたが、本当に人非人でしたね。

悪意がある訳ではありませんが、自身の探求のためなら他者を傷つけることも辞さず、その行為に躊躇も全くないですね。

研究のために『レグ』の身体を調査し、その腕を切断しますし、『ナナチ』のことも貴重な研究成果として取り込みを図ります。

こんな危ない人物が語る「愛」なんて碌でもない雰囲気満載ですわ。

『ボンドルド』の娘だという『プルシュカ』への行為も研究材料としての観察、対応にしか見えなく怖いですわ。

メイドインアビス 4巻』終盤に出てくる手術シーンの不気味さは半端なかったですしね。

不要な部分として破棄しようとする体の部位の多さ、切断個所として描かれている絵の内容、邪悪な行為にしか見えないですよ。

『プルシュカ』が良い子に見えるだけに余計に『ボンドルド』の行為に不気味さ恐ろしさが増します。

『プルシュカ』が『メイドインアビス 5巻』でも不幸になっていないことを望みますよ。。本当に怖すぎるわ。


そんな不気味で恐ろしく、敵として憎らしい『ボンドルド』ですから、終盤の戦いで『リコ』達一行のチームプレーを前に打倒される姿に胸がすっとしましたね。

『リコ』達のチームプレーの鮮やかさ、『レグ』の強さに興奮し、『ボンドルド』への反撃で胸がすっとしましたよ。

憎らしく強い敵を打倒するのって胸が高まりますからね。

だから、『ボンドルド』を倒したと思ったその時に、もう一人の『ボンドルド』が現れたことには驚きましたよ。

『ボンドルド』のクローンが複数いるのか?『ボンドルド』のマスクにそういった機能があるのかは不明ですが、ただでさえ恐ろしい敵に富士見のような能力があるとか半端ないですよ。


第6層へ行くため、絶界行(ラストダイブ)を行うため、『リコ』達一行は『ボンドルド』を倒すことは出来るのか?

難敵『ボンドルド』を打倒するのはもちろんですが、『リコ』と『レグ』は当然として、『ナナチ』も『プルシュカ』も傷つかずにいられることを心から願います。

続きが気になり過ぎますので、早いうちに『メイドインアビス 5巻』を読もうと思います。


関連記事
メイドインアビス 1巻 感想
メイドインアビス 2巻 感想
メイドインアビス 3巻 感想
メイドインアビス 4巻 感想

おすすめ
お勧めはアニメ版『メイドインアビス』のBlueRay Box上巻になります。

人気放映中のアニメ版『メイドインアビス』ですが、Boxの絵も素晴らしいですね!
ただ、このBoxをみるとメインは『ナナチ』の様にも見受けられますね(笑)

それにしても、昔の深夜アニメって2話収録で6000円位した気がするのですが、この『メイドインアビス』は6話でこの値段って結構なお得感がありますね。
メイドインアビス Blu-ray BOX 上巻
KADOKAWA メディアファクトリー (2017-10-25)
売り上げランキング: 458


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック