ゲーマーズ! 3巻 星ノ守千秋と初恋ニューゲーム 感想 ネタバレ あらすじ

ゲーマーズ! (3) 星ノ守千秋と初恋ニューゲーム (ファンタジア文庫)

《Amazonからのあらすじ引用》私立碧陽学園生徒会室―そこは、選ばれし者だけが入室を許される聖域にして楽園。碧陽学園美少女ランキング一位の第三十七代生徒会長コノハは今日も生徒会室の中心で愛を叫ぶ。「始めるとしましょうか…“伝説のエロゲー”探しを!」美少女が生徒会室で秘宝探索を続ける一方―複合エンターテイメント施設“アラウンド1”では、ぼっち高校生、雨野と学園のアイドル、天道による死闘の幕が上がる。水着着用で!「…では雨野君、始めましょうか…私達の『戦争』を」これは、残念ゲーマーの愛すべき日常をつづった記録の一端である。―大丈夫。「ゲーマーズ!」3巻のあらすじだよ。
商品の説明をすべて表示する


アニメ人気放送中の『ゲーマーズ!』

この感想を作成している時点で第3話まで放送されましたが、どんどん面白くなってきていますね!

残念ヒロイン要素がマシマシになった『天道 花憐』も良いのですが、『ゲーマーズ!』の面白さを構成するもう一人のメインヒロインワカメこと『星ノ守 千秋』も登場して面白さが加速しました。

第3話が放映後、私のサイトの『ゲーマーズ!』感想記事へのアクセスも急増いたしましたので、アニメ視聴者の皆さんも主要登場キャラが出そろった段階で『ゲーマーズ!』の面白さにのめり込んだんじゃないかなって思いますね。

アニメ版『ゲーマーズ!』はどこまで放映するのでしょうね?

今の原作消化ペースでアニメの放映が進むと『ゲーマーズ 2巻』のクライマックスまでかなって気がします。

ゲーマーズ 3巻』までとなると、アニメ最終回の切りが悪く消化不良になりそうですしね。

何故、『ゲーマーズ 3巻』までの放映となると切りが悪くなるのかについては、『ゲーマーズ! 3巻 星ノ守千秋と初恋ニューゲーム』のネタバレありの感想で触れさせていただこうと思います。

なお、ネタバレありの感想になりますが、ネタバレありの前には注意書きをおいております。




スポンサーリンク


ネタバレなしの感想


ゲーマーズ! 3巻 星ノ守千秋と初恋ニューゲーム』は、とても面白かったです。

続きが気になり出勤中に『ゲーマーズ 3巻』を一気に読み終えてしまいました。

なのに、なぜ感想が書くのが遅くなってしまったかと言うと、『ゲーマーズ 3巻』を読み返すのが気持ち的につらかったからなのです。

ゲーマーズ 3巻』でも、これまで『ゲーマーズ!』を面白くしていた要因であるディスコミュニケーションコメディは健在であり楽しめました。

ですが、この『ゲーマーズ 3巻』では、コメディの面白さという要素よりも、恋愛のすれ違いの苦しさという要素が増していたように感じられました。

そのため、ディスコミュニケーションを楽しむ面よりも、何故そこで認識の齟齬を起こしてすれ違ってしまうんだろうという気持ちが強くなり、読み返すのが苦しくなってしまったのだと思います。


登場人物の誰もが悪意のない優しい人たちでありますし、そんな登場人物たちに私は愛着を抱いています。

『雨野 景太』と『天道 花憐』のデートでは胸がキュンキュンする甘酸っぱい交流をたのしませてもらいました。

『星ノ守 千秋』のゲーム作成に関する相談をゲーム同好会で行うといったパートは楽しませてもらいましたし、創作についても考えさせてもらいました。

そういった日常面でのやり取りで好ましく思った登場人物たちの誰にも誰にも不幸になってほしくないですし、報われてほしいと考えています。

ですが、そんな登場人物たちが、相手の些細な言葉を悪い方に捉えてしまったり、大事な言葉を伝え損ねてしまい誤解が誤解をうむという状況が描かれています。

私は、そういったディスコミュニケーションコメディこそを楽しんでいたはずなんですけどね。

作品として、コメディ面より恋愛面が前面に出てきますと、登場人物たちへの想い入れが強くなった分、何故にうまく物事が運ばれないのかと余計に苦しく感じてしまっているのでしょうね。

登場人物にここまでの想い入れをさせるとは、さすが『葵せきな』先生ですわ(笑)


ゲーマーズ 3巻』のクライマックスである登場人物に大きな心の転機が訪れました。

これまでも登場人物たちの気持ちの向きさきにヤキモキさせていただきつつ、楽しませてもらっていました。

ですが、彼女の気持ちの向き先が変わっていくことで今の複雑な関係にどういった転機が訪れるのか。

楽しみよりも若干の怖さの方が増していますが、作品の向かう先の興味も大いに増していますので、続刊も読ませていただこうと思います。


願わくば、続刊では『上原 祐』くんには幸せになってほしいなって願っています。

『上原 祐』くんは、登場人物の中では誰よりも多くの情報をもっており、『雨野 景太』を巡る2人の女性の気持ちにも気づいています。

そんな『上原 祐』くんは『雨野 景太』が幸せになれるよう人知れず苦労し、心を痛めています。

そんな優しい彼だからこそ『亜玖璃』と普通の恋人関係に戻れるように報われてほしいなって願っていますよ。

主要登場人物に浮気者疑惑をもたれているとか、彼の苦労からしたら哀れ過ぎますからね(笑)

ゲーマーズ! 4巻 亜玖璃と無自覚クリティカル』も読みましたら感想をあげさせていただきます。

スポンサーリンク


ネタバレありの感想


ここから下はネタバレ注意になります。
ゲーマーズ! 3巻 星ノ守千秋と初恋ニューゲーム』のネタバレありの感想になります。

未読の方やネタバレを見たくない方は、ここで引き返すことを推奨いたします。



雨野景太と天道花憐について


ネタバレなしの感想でも書きましたが、2人のデートシーンはとても良かったです。

付き合いたての2人のぎこちない会話や態度、それがデートをしていく中で打ち解けていき自然に会話を楽しめる姿に甘酸っぱい想いを抱きましたよ。

ゲーマーズ! 2巻』のクライマックスの唐突な告白から付き合うことになった2人ですが、『雨野景太』も『天道 花憐』もお互いに相手に好かれていないとおもっていましたからね。

そういった点はお互い同じですし、似た者同士ということでうまくお付き合いで来そうな気がするのですが、そこはディスコミュニケーションコメディの『ゲーマーズ!』

互いに良かれと思った言動がすべて相手取ってマイナスに作用するという鉄板ぷりですよ(涙)

『雨野景太』自身がモノローグで語っていましたが、お互いに何故付き合っているのか?相手が何故自分のことを好きなのかという【根拠】を求めているのですよね。

降って沸いた偶然から付き合いが始まったわけですから、自身がなく不安になり【根拠】を求めるのも無理はないかなって思います。
そんな2人がデートの中で素直な自分を出していき、互いへの理解を深めていく姿は

デートからの帰宅中の会話の様に、自身にとって相手のどの部分をどう好ましく思っているのかを伝えいければ、きっと恋人同士として気持ちを育んでいけるんじゃないかなって思います。

そんな不器用な2人だからこそ、私は『雨野景太』と『天道 花憐』のカップルが不器用ながらも距離を縮めていき薄ばれていく姿がみたいですし、最後には結ばれてほしいと願っています。

このままデート後の関係を続けていければ、きっと私の願い通り結ばれたんでしょうけどね。

さすが、ディスコミュニケーションコメディ『ゲーマーズ!』

一筋縄では行かせてもらえませんね。

このタイミングで『星ノ守 千秋』が、『雨野景太』を巡る恋愛戦線に本格参戦の気配を見せるのですから……

星ノ守千秋の自覚について


ゲーマーズ! 2巻』のクライマックスに爆弾を放り込んだように、『ゲーマーズ 3巻』のクライマックスにも爆弾が放り込まれましたね。

その爆弾こそが、上にも書きました通り『星ノ守 千秋』の恋愛戦線への参入フラグの投入です。

元々、読者視点では『星ノ守 千秋』は『雨野景太』へ好意を抱いていることは明白ではありました。

『雨野景太』とは趣味嗜好の大きなところで好みが一緒であります。(小異のところで犬猿の仲ですが)

何より『上原 祐』くんをして「運命だろ!」と叫ばずにはいられない縁がありましたからね。

その運命的な縁である一因

ソシャゲーの友人である『ツッチー』が、フリーゲームで繋がりある『ヤマさん』が、どちらも『雨野景太』であることを知ってしまいました。

ネット上で一番の理解者が、現実世界で喧嘩友達のような仲のいい友人である『雨野景太』であると知ってしまったわけですから、『星ノ守 千秋』が自身の気持ち、恋心を意識しない訳がないですよね。

いや、それにしても凄いタイミングで自覚しましたわ(笑)

『雨野景太』と『天道 花憐』が付き合う前なら、付き合ってもデートで気持ちが近づく前なら難易度が今より低かったんですけどね。

このタイミングとか初恋ニューゲームの難易度があげてから参戦とかすごすぎるぞ。

まあ、『星ノ守 千秋』のことを考えるに、状況的な難易度どうこうより、『雨野景太』に気持ちを伝えることこそが最大難易度ってきがしますね。

『天道 花憐』と『雨野景太』が付き合っているからと言うのは、『天道 花憐』の気持ちを「厚意」と誤解しているため障壁になっていないので問題ないのです。

ですが、今の喧嘩友達的な状況から恋愛へ踏み出すための一歩を、コミュニケーションに問題のある『星ノ守 千秋』が踏み出せるとは思えないのですよね。

『雨野景太』へ自身の想いを伝えるには、何かしら突発的な要因が発生しないと難しいんじゃないかなって思います。

それも自身からの行動と言う形ではなく、他者から動かされるような形で発生するんじゃないのかなって思いますね。

ゲーマーズ! 4巻 亜玖璃と無自覚クリティカル』で、自身の恋心を自覚した『星ノ守 千秋』がどう想いどう動くのかがとても楽しみです。

『星ノ守 千秋』が動くときは、きっとこの巻で登場した『星ノ守 千秋』の妹の『心春』が関わってくるのだろうなって思います。

それにしても『葵せきな』先生は副題をつけるのが上手いな。

この巻も読み終わってから副題を見ると胸にすっと入ってきますし、納得できる副題でしたから。

そうすると、『ゲーマーズ! 4巻 亜玖璃と無自覚クリティカル』ではどんなクリティカルが発生するのかが楽しみになってきますね!

関連記事
ゲーマーズ! 1巻 感想
ゲーマーズ! 2巻 感想
ゲーマーズ! 3巻 感想
ゲーマーズ! 4巻 感想
ゲーマーズ! 5巻 感想

おすすめ
今回のお勧めは数日前に新刊が出た
『ゲーマーズ! 8巻 星ノ守心春と逆転バックアタック』です。

お勧めポイントを挙げるのが筋なのですが、先の展開のネタバレを見たくないので、粗筋も見ていないんですよね(汗)

サブタイトルからして『星ノ守心春』が何かしらするのだろうなって思いますが、そもそも『星ノ守心春』って登場キャラクターが分からない(笑)

逆転バックアタックとあるからには、何かしらの人間関係に対しての逆転劇なんでしょうが、いったいどういう事なんだぜ。

早く既刊分を全て読んで、この新刊までたどり着こうと思います。
ゲーマーズ!8 星ノ守心春と逆転バックアタック (ファンタジア文庫)
葵 せきな
KADOKAWA (2017-07-20)
売り上げランキング: 450

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック