DIVE!! 上 感想 ネタバレ あらすじ

DIVE!! 上 アニメカバー版 DIVE!! アニメカバー版 (角川文庫)
《Amazonからのあらすじ引用》
高さ10メートルの飛込み台から時速60キロでダイブして、わずか1.4秒の空中演技の正確さと美しさを競う飛込み競技。その一瞬に魅了された少年たちの通う弱小ダイビングクラブ存続の条件は、なんとオリンピック出場だった! マイペースだが熱い思いを秘めた知季、飛込み界のサラブレッド・要一、津軽の海からやって来た一匹狼の飛沫。突然現れた女コーチのやり方に戸惑い反発しながらも、今、平凡な少年たちのすべてをかけた、青春の熱い戦いが始まる――。自分らしくあるために、最高の突き抜けた瞬間を信じて、飛べ! 第52回小学館児童出版文化賞受賞作品。
(C)森絵都・角川文庫刊/アニメ「DIVE!!」製作委員会


アニメを何気なく見ていましたら思いのほか面白かったので、原作も読みました。

久々にライトノベル以外の作品を読んだような気がします。

仕事が激務の職場に代わってから読書時間の減少が顕著になってしまっていますね。

と話が脱線してしまいましたが、今回はアニメ化された作品である『DIVE!!』の

ネタバレありの感想になります。

ネタバレありの感想になりますが、ネタバレありの前には注意書きをおいております。

スポンサーリンク



ネタバレなしの感想


私は飛込みという競技に対する知識はないのですが、10メートルの高さの飛込み台から

時速60キロメートルでプールにダイブする1.4秒間に演技を見せるという、

その一瞬の瞬間に最高の演技を見せるという競技者の想いや努力が眩しく思えますね。


私のような競技者では無い第三者視点でこそ眩しい青春ものと思えますが、

実際に競技者としてその一瞬にかける競技者である登場人物たちにとっては

眩しいだけではなく他者との闘い、飛込みにかけるために切り捨てたものと

その取り組みは眩しい青春だけではありません。

体型を気にせずに好きなものを食べる喜び、友達と遊ぶ楽しみ、恋人と過ごす時間といった

私たちが当たり前の様に享受している日常を悩みながらも切り捨てて、

飛込みと言う非日常のなかの競技にかける主人公たちの苦悩や挫折と、

その苦悩と挫折の先にある日常では決して味わえない最高の一瞬を得る喜びを

本作『Dive!! (上)』で描かれていると思います。


主人公である『知季』、『飛沫』はそれぞれ別の悩み、問題をかかえていますが

その問題を自分で、支えてくれる家族やコーチや仲間の力で乗り越えていきます。

飛込みという競技の中では一人で戦う彼らですが、競技外の部分では

お互いがお互いに影響を与え上を目指し成長していきますし、

彼らの努力が報われ結果を出していく姿は青春スポーツものとして眩しい位輝いていました。

クラブの存続のためにはオリンピックの代表に選出されることと、

越えるべきハードルは高く果てしないものに見えますが、

『知季』が『飛沫』が『要一』が彼ら自身の才能と努力、そして互いへの相乗効果を

発揮することできっと乗り越えられるのではないかと思わされます。


本作『Dive!! (上)』では大会と、その大会へ挑むまでの姿が描かれましたので、

次巻『Dive!! (下)』でオリンピック代表選出に向けての苦闘が描かれるのだと思います。

クラブが存続できるのか?ということよりも、

彼ら主人公たちの努力と最高の瞬間を見せるところを楽しみにしたいと思います。





ネタバレありの感想


それでは、ここから下はネタバレ注意になります。

Dive!! (上)』のネタバレありの感想になります。

未読の方やネタバレを見たくない方は、ここで引き返すことを推奨いたします。

特にアニメ版Dive!!をネタバレを見ずに楽しみたい方は、ここで引き返すこと推奨です。


知季について


Dive!! (上)』の主人公は『知季』だと私は思っています。

飛込みという競技を好きになり、飛込みのためにその他の日常の楽しみを諦め、

飛込みと言う競技に打ち込んでいます。

飛込みに打ち込んでいますが、競技としての勝敗には拘らず飛込みを楽しんでいました。
勝敗にこだわらないことからも分かる様に競技者ではなく、飛込み好きの少年なんですよね。


そんな『知季』が新しいコーチである『夏陽子』と出会い、

彼女に指導されることで実力をつけていきます。

他の主人公格である『飛沫』や『要一』が、物語当初から実力者として描かれている分

競技者としての成長を『知季』視点で描かれていきます。

昨日まで出来なかったことが出来るようになっていく実感、自分が成長している実感を

『知季』が味わっていくのですが、自分が成長していると目に見えて分かると楽しくなっていきますよね。


競技者としての成長を通して非日常である飛込みへハマっていく分、

『知季』にとっての変わらない日常のひとつであった『未羽』との恋愛が

より一層疎かになっていきます。

読者視点から見ると、『知季』の『未羽』に対する想いの薄さは、

『知季』が振られても仕方ないなって素直に思いますが、

まだ中学生と子供である『知季』からすると世界の崩壊に近いでしょうね。

しかも、『知季』が振られてすぐに双子のような弟と『未羽』が付き合うわけですから

余計に自分自身と言うものに自信を無くすような衝撃だと思います。

よりにもよって、オリンピック代表選考に影響のある大会前に発覚しなくてもとは思いますが(笑)


ですが、『知季』にとって日常世界が崩壊するような衝撃を受けたからこそ、

『知季』自身にとって飛込みという非日常により打ち込もうという意識が芽生えたのでしょうね。

その意識も、コーチである『夏陽子』が居てくれたからと言う幸運があったと思います。

『知季』にとっては厳しいですが、失恋なんて大したことが無いとハッキリと正面から

罵倒してくれる存在がいること、『知季』自身の素質を見込んでいると伝えてくれたことは、

『知季』にとってどん底からはい上がっていくために大事な言葉だったと思います。

『知季』が今いるところは底であると認識できたことと、底からあがるためのきっかけを

貰えたのですから。


これまでは飛込みという競技を楽しんでいた『知季』

そんな『知季』が飛込みで『飛沫』や『要一』勝ちたいと意思を表に出します。

飛込みに対する意識が変わり、素質も開花していく『知季』の成長と、

その成果を大会の中で最高の一瞬として描かれることを楽しみにしています。

きっと『Dive!! (下)』のオリンピック代表選考大会で描かれるんじゃないかと思います。

と言う訳で、『Dive!! (下)』も早速読んで感想をあげようと思います。



おすすめ
お勧めは当然こちらのDive!!第一話のamazonビデオになります。

原作の良さである青春スポーツものや
『知季』の成長、『飛沫』の豪快な飛込みを
今後描かれれていけば、きっと人気作になるんじゃないかと思います。

フジテレビで飛込みの特集とかしてくれれば
飛込み競技自体の人気も上がっていくのでは?
なんて妄想もしてしまいますね。

夏に向けてDive!!が盛り上がっていくことを期待しています。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451655820

この記事へのトラックバック