インフィニット・デンドログラム 1巻 感想

-インフィニット・デンドログラム- 1.可能性の始まり (HJ文庫)
-インフィニット・デンドログラム- 1.可能性の始まり (HJ文庫)
《Amazonからのあらすじ引用》
各プレイヤーの行動や性格、プレイスタイルによって独自に能力が進化するシステム“エンブリオ”。人と間違うような、確かにその世界に息づくNPCたち“ティアン”。そんな夢のようなシステムを備えたダイブ型VRMMO“Infinite Dendrogram”は、瞬く間に一大ムーブメントとなって世界を席巻し、数多くのユーザーがこのゲームを楽しんでいた。大学受験を終えて東京で一人暮らしを始めた青年・椋鳥玲二もまた、受験勉強の終了を記念して、かねてより兄に誘われていた“Infinite Dendrogram”を起動する―。WEB発超人気VRMMOファンタジー!!


HJ文庫で猛プッシュ中の『インフィニット・デンドログラム 1巻』の感想になります。

私もWeb版は既読で作品のファンですが、HJ文庫のプッシュっぷりは凄いですね。

1巻にしてインフィニット・デンドログラム特設サイトを用意していますし、

コミック化も1巻発売と同時ですからね。

『インフィニット・デンドログラム』をHJ文庫の看板作品にしようという意気込みが

熱意とともに伝わってきます。

私も好きな作品なので、この勢いのまま人気シリーズになってほしいですよ。



さて、本作はダイブ型VRMMOの世界を舞台としたファンタジー小説で、

主人公『椋鳥玲二』の成長と冒険がメインだと思います。

この主人公の『椋鳥玲二』、ゲーム内の名前で『レイ・スターリング』の

キャラクターが良いですね!

今どき珍しいくらい真っすぐで正義感があり懐かしい感じの王道主人公ですな。

困っている人は助けたい、子供が悲しむのはみたくない、

ティアン(インフィニット・デンドログラム内でのNPCのこと)を同じ人間として

自然と意識していると、その真っすぐさに危うさを覚えるくらいの真っすぐさ。

近頃、異世界に転移した主人公の人を人とを思わぬ傲慢な態度ばかりを見てきたせいで

王道なのに逆に新鮮さを覚えてしまいました。

やはり王道型の主人公だけ、あってまぶし過ぎますがカッコいいですね。

こういう主人公が多い方が個人的には好きですわ(笑)



また、主人公の『椋鳥玲二』がインフィニット・デンドログラムを始めるところから

物語が始まりますので、当然ゲーム内の主人公である『レイ・スターリング』は、

レベル0の弱い状態からのスタートになります。

そのため、主人公が圧倒的強さで敵を蹂躙するのを楽しむのではなく、

弱い状態から冒険をして経験を積んで一歩一歩強くなっていくところと、

強い敵との緊迫感のある戦闘シーンを楽しむことで出来ます。

インフィニット・デンドログラムでは、プレイヤーが個々にオンリーワンの能力を

もつことになるのですが、『レイ・スターリング』のオンリーワンは

まさに弱者が強者を打倒するのにピッタリな能力なのですわ。

その能力名は《復讐するは我にあり》といって、相手から受けたダメージを倍返しにする

強者からの攻撃をカウンターで返すという起死回生の技となっています。

この能力を上手く使っていることで、弱者である主人公が各上の強者を倒すことに

一定の説得力が産まれていて、ご都合主義やチート、贔屓といった読者にとっての

負の感情をある程度抑えているんじゃないかなって思います。

少なくとも、自分はこれは主人公汚いわ~とは思わなかったですね(笑)



主人公のキャラクターと設定が魅力的なのが、本作のお勧めの一端ですが、

もう一つお勧めの点があるとすれば、それは主人公以外のキャラクターも

魅力的で個性があるというところだと思います。


主人公のエンブリオである『復讐乙女 ネメシス』

エンブリオとは、インフィニット・デンドログラムのプレイヤー個々に渡される

相棒にして武器やアイテム、スキルになる存在です。

主人公にはTYPE:メイデンのエンブリオである『ネメシス』がパートナーとなるのですが、

このネメシスも当然初期状態から主人公とともに成長していくので、

読者の私からしても愛着がわいてくる存在となっています。

主人公の相棒にして、娘、そして本作のヒロインとなる魅力的なキャラクターですね。

ただ、いまのままだとヒロインっていうより、妹兼突っ込み役って感じですが(笑)

ゲーム内でPKに遭ったあと、主人公とともに強くなろうと誓ったシーンは、

結構胸にグッときましたね。

あのシーンで主人公たちは本当のパートナーになれたんだなって思います。


他にも、主人公の兄であるリアルチートのクマニーサンや、

ともに初心者で後にパーティーを組んで冒険をすることになったルーク、

主人公をPKをした超級殺しや、その他PKギルドの面々、

そのPKギルドを潰していった超級マスターたちと、

主人公以外にもバックグラウンドがあり、それを想像できるプレイヤーたちがいますし、

本当の人間のように考え、行動するNPC(ティアン)達もいますので、

主人公たち主要キャラ以外の活躍や暗躍も作品を盛り上げてくれますね。



どのような強敵にも屈せず、真っすぐに冒険をしていく主人公の活躍と成長を楽しみに

続刊でも期待しております。

Web版のストックからすると結構な速さで続刊で出てきそうなのですが、

書籍版での改編とかも今後あるのかな~

そういった点も期待したいですね!

関連記事
インフィニット・デンドログラム 1巻 感想
インフィニット・デンドログラム 2巻 感想

VRMMOを舞台としたライトノベルといえば、真っ先にこちらの作品が思い浮かびます。
『ツワブキコンツェルンの御曹司、石蕗一朗は、すごいお金持ちである。』
という、粗筋からしてすごいパワーワードですが、
その粗筋からは中々想像がつかない真っ当に面白い作品です。
確かにお金の力で無双こそしますが、そのことが理不尽でも嫌味でもないのが凄い(笑)
お金を稼ぐことも自身の能力の一端としてキャラクターの魅力としているからかな。
タイトルから興味を持った方が居ましたら、Web版で確認するのがいいかもです。
私はWeb版を読んで書籍版を買いました!
VRMMOをカネの力で無双する (HJ文庫)


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444155805

この記事へのトラックバック