【展開予想】オーバーロード11巻 山小人の工匠

オーバーロード11 山小人の工匠
オーバーロード11 山小人の工匠
《Amazonからのあらすじ引用》
魔導国の勢力拡大がつづく第11巻!

失われしルーン技術を求めて山小人(ドワーフ)の王国を目指すアインズ。
アウラとシャルティアを従えたアインズが足を踏み入れたドワーフの国では
クアゴアなる亜人種族の侵攻が迫りつつあった。
ルーン工匠を魔導国に引き入れることを交換条件にアインズはドワーフの王都を奪還する約束をする。
そこで待ち受けていたのはクアゴアのみならずアゼルリシア山脈最強の種族、フロスト・ドラゴン。
未知なる世界に魔導国の威光が次々に刻まれていく11巻。


オーバーロード 11 山小人の工匠 の表紙とあらすじが公開されていました!

気付けばあと一ヶ月くらいでオーバーロード 11巻が発売なんですね。

9巻刊行から10巻刊行までの期間が長いのもありましたが、

10巻刊行から3ヶ月で11巻刊行ですから結構速いペースの刊行で嬉しいです。

短期間での執筆ペースに作者の丸山くがね先生の身体が心配になりますが、

ファンとして新刊が読めることがただただ嬉しい限りです。



まもなく発売となる新刊オーバーロード11巻 山小人の工匠、

発売まで待ちきれないので今オープンにされている情報から内容を予測してみよう

というのがこの記事の目的になります。

発売後に改めてみて、自分の予想した内容にがっかりするのか、的中しているのを喜ぶのか(笑)

私の予想など、丸山くがね先生なら余裕で飛び越える展開とは思いますが、

個人サイトという事でこの記事を読んだ方は大目に見てくれれば幸いです。



11巻内容予想



10巻の続きという事で、当然ドワーフの王国に向かっていますが

11巻の粗筋に『ドワーフの王都を奪還する約束をする。』とありますので、

ドワーフ王国は滅亡寸前みたいですね(汗)

でも、正直、アインズ様とアウラとシャルティアが居れば奪還は容易なんじゃないかな~

だからこそ、話を盛り上げるために以下にアインズ様側にいかに制約を設けるかが

この話の肝なんですよね。

表紙の画像情報からですと、アインズ様とドワーフがドラゴンに相対していますので、

アウラとシャルティアが不在。

2人は別の任務を授けられていると考えるのが自然ですよね。

アウラとシャルティアがメインのストーリーがみれそうな予感がというか、確定ですね(笑)

流石に二人を連れていくのに見せ場がないとかありえないレベルなので。

でも、二人とも内政向きのキャラクターではないんで戦闘がメインでしょうから、

2人で『クアゴアなる亜人種族』を撃退するのでしょう。

アウラとシャルティアという絶対的強者と戦う事となるクアゴアさんたちが可愛そうすぎる(笑)

リザートマンさんたちのように虐殺されてしまうのでしょうな。



そもそもクアゴアって種族は何なんでしょうな?

私は聞き覚えのない名前の種族です。

Amazonの商品紹介画像を見てみるとここにある白いモンスターがクアゴアさんっぽいのですが

画像をアップで見ると牙と口が大きく、白い人狼種族っぽくて見るからに肉食系モンスターですね

これは捕まったドワーフさんたちが危ない、主に食料とされちゃいそうって意味で

オーバーロードと言えばD&D(ダンジョンズ&ドラゴンズ)をベースにした描写が多いので、

D&Dを調べてみましたが、クアゴアという該当種族が見当たらなかったです。

代わりにクアゴスという、名前と種別が近そうなモンスターがおりました。

どちらの画像もネコ科の肉食動物をベースにしていますので、かなり近いんじゃないかな?

クアゴアクアゴスが同じだとすると絵師の個性が出ていて面白いですね!





クアゴアさんたちと戦うのがアウラとシャルティアだとすると、

フロストドラゴンと相対するのは、我らがアインズさまとなるのは自明のこと。

無駄な戦いは避けるアインズ様としたら最初っから敵対することは無く、

フロストドラゴンと交渉に赴いたという展開になるんじゃないでしょうか?

この表紙の画像を見るといきなり戦闘が始まったという感じではなく、

フロストドラゴンとの交渉に赴いたように見受けられます。

8巻の表紙と構図的にんてるんじゃないでしょうか?

いきなり敵対せず、交渉から入ってナザリック陣営は平和な組織だとをアピール

一緒にいるドワーフさんたちを目撃者としてアリバイを作ってからのドラゴン退治

さすがアインズ様、私などが及ぶお方ではないですな(笑)

ドラゴンの皮ならスクロールの新たな素材にもなるし、またデミウルゴスに称賛される未来がみえる



ドワーフの王都奪還して、ルーン技術を得て、更なる強化がされて順風満帆に見えるところで、

何か重大事件がおこって12巻に続くという処でしょうかね。

ドラゴンを倒したことで評議国のドラゴンロードに目をつけられてしまうのか、

スレイン法国が更に脅威と思い乗り出してくるのか、想像すると楽しみがどんどん増えますね。

11巻発売前に12巻の内容まで想像してしまうとか、妄想の領域に突入しそうなので、これまでで



改めてみると大した内容の予測してないな(笑)

表紙あらすじからの予想として妥当なところなんでしょうが、

10巻の商品説明からは想像のできない展開だったことを思うと、

私のちゃちな予想をはるかに上回る衝撃&面白い展開となること請け合いですね。

11巻発売まであと一ヶ月、楽しみにしながら待とうと思います!!


関連記事
オーバーロード1巻 不死者の王 ネタバレあり感想
オーバーロード2巻 漆黒の戦士 ネタバレあり感想
オーバーロード10巻 謀略の統治者 ネタバレあり感想
オーバーロード11巻 山小人の工匠 展開予想
オーバーロード11巻 山小人の工匠 ネタバレあり感想

オーバーロード プロローグ 上 (微ネタバレ)
オーバーロード プロローグ 上 (ネタバレ)
オーバーロード プロローグ 下 (微ネタバレ)
オーバーロード プロローグ 下 (ネタバレ)
オーバーロード劇場版 特典付前売り券の特典カバーをつけてみた
オーバーロード劇場版 前編 来場者特典 プレイアデスな日 感想 ネタバレ


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック