【ネタバレあり感想】ステージ・オブ・ザ・グラウンド (蒼山サグ) (電撃文庫)

ステージオブザグラウンド_.jpg
ステージ・オブ・ザ・グラウンド (電撃文庫)
《Amazonからのあらすじ引用》
「お前とまたバッテリーが組みたいから、俺はここに帰ってきた」
復活をかけた熱い夏が開幕する!!

横すべりな人生……挫折した青春……幼馴染みの渚にもあきれられ、悪友の卓と不毛な日々を送る楠田幸斗。
そんな幸斗も一度だけ、夢に燃えたことがあった。小学生時代に結成した野球チームに、燦然とエースが現れたのだ。剣の誰にも打つことができない強烈なナチュラルスライダーは、彼らに夢を見させた。だが夢は夢のまま、あっさりと剣は転校……かくして、チームも自然消滅。そして、ただ腐っていくだけの高校生活が待ちうけていた。
しかし、ある日――『幻のエース』が、帰ってきた。
野球は『もういい』はずなのに……突然のエースの帰還が、幸斗のくすぶっていた野球への情熱に小さな火をともす――。
忘れていた熱い心を呼び覚ます、蒼山サグ渾身の野球小説がここに登場!!


私は読書と同じかそれ以上に野球が大好きなのです。

その大好きな野球とライトノベルがタッグを組んだ以上、買うという選択肢しかない訳で(笑)

それも、幼女という印象が強いですがスポーツものとしても高水準であるロウきゅーぶ!の作者である蒼山サグ先生の新シリーズとなれば期待値も上がりますね。

期待値が上がっている状態で作品を読ませていただきましたが、期待以上に面白かったです。

まっとうな青春スポーツものとして、十分以上の良作でした。

野球が好きな方。高校野球が好きでプロ野球も好きな方なら問題なくハマれると思います!!

青春物が好きで、友情や努力、スポーツとしての努力や勝負が好きな方にもお勧めできます!!



かつて、その人と出会い野球人生に夢を抱き、その人が突然去ったことで夢を諦めかけ

鬱屈とした日々を過ごしていた主人公の幸斗

だが、野球という夢を捨てきれない中で、かつて突然去っていった人である剣が戻ってきたことで

主人公の幸斗と、滑川ライダーズというチームで共に夢を抱いた仲間たちの時が動き出します。

やりたいことが見つからず鬱屈とした毎日を過ごす主人公たちの焦燥感は、

自分も学生時代に経験があるだけに身につまされますね。

だからこそ、剣が街に戻ってきてからの一気に物語が動き出すところに爽快感がありました。



鬱屈とした日々を脱却し、本当にやりたかったものに気づき、それを実現するために動き出す。

青春物の醍醐味を見れたので、この部分だけでも読む価値は十分あります。

ですが、そこだけでは終わらずに、この後にある野球部入部をかけての野球対戦は

野球もの、勝負物として読んでいて胸が熱くなりましたよ。

勝負の駆け引き、お互いの本気と意地、仲間への信頼を、この野球対戦の場面で描けていたと思います。


高校野球をみて、野球っていいよねって思っている読書好きな人が居たら、是非読んでほしいですね。

元々野球が好きだったよという人にはもっとお勧めです。

1冊でもきれいに完結していますが、続刊でチームとしての試合をみたいので、

皆さんが購入したことで続刊が出ればいいなという想いも込めてお勧めさせていただきます(笑)









ここから下は、ステージ・オブ・ザ・グラウンドのネタバレを含む感想になります。

まだ未読の方はネタバレを含む感想になります。

まだ未読の方は、ここで引き返すことをお勧めいたします。









野球はセンターラインが中心ということで、やはり主役格はキャッチャーとピッチャーの二人でしたね。

主人公でキャッチャーの幸斗くんが、ピッチャーの剣くんの球に夢を抱いたように

剣くんの方も、癖玉とよばれるほどナチュラルに変化してしまう球を捕球してくれた幸斗くんに夢を抱いていて

双方向に信頼している関係が心地よかったです。

この二人の関係が代表格ともいえますが、この作品全体の根底には信頼というものがある気がしますね。

育ての親であるアザナエルも幸斗を信頼しているから、ここぞという時以外は煩く言いませんし、

親友である卓のことも信頼しているから、バント処理のプレーも阿吽の呼吸で行える。

そして、この巻の一番の盛り上がりポイントである朋彦との勝負のシーンでは

バッターである朋彦ならきっとこのコースでも打ってくれるという信頼

ピッチャーの剣ならあのコースにも投げられるという信頼を、

そして、渚ならきっとあそこで乱入してきてくれるという信頼を

どれも相手の気持ちや実力を信頼していないとできなかったプレーですね。

キャッチャーの素質の一つにピッチャーへの信頼、バックへの信頼ってのもありますし、

幸斗くんはキャッチャー適正があるのかもしれないですな。

幸斗くんのリードも中々見どころありましたし、次巻も配球技術を楽しみたいです。



そして、もう一人の主役はピッチャーの剣くんですね。

指の形が元々湾曲していることからのナチュラルスライダーが持ち味です。

作中の対戦相手からは伊藤智仁と呼ばれるくらいの凄いスライダーをなげています。

メインターゲット層の年代で伊藤智仁といっても通じるのか?(笑)

ちょっと疑問ですが、レジェンドクラスのスライダーを投げていた記録よりも記憶にのこる名選手です。

そのスライダーは作中で描写されていたスライダー正にそのままというか、それ以上の凄い球でした。

どれくらい凄いかは、このYOUTUBEで動画を直接見た方が分かりやすいと思います。


2:50~のところでスライダーを投げていますので、その変化を見てください。

また、3:55~のところではスライダーが真ん中付近に行きますが、バッターは腰が引けています。

プロでも腰が引けるという凄い変化をしているのが分かりますね。

ただ、そんな凄い変化球をもっている伊藤智仁選手ですら失点をしています。

伊藤智仁選手はスライダーが凄いだけではなく、ストレートも150キロオーバーの力の持ち主です。

顧みて、剣くんはナチュラルスライダーこそ武器として有効ですが、

その他の変化球はなく、正しいストレートを持っておらず、武器であるスライダーも

コースに投げ分ける技量はまだもっていません。

作中で朋彦も語っていますが、高校のトップクラスには通用しないピッチャーです。

それが悪いという事ではなく、まだ成長の余地もありますし、キャッチャーの配給で勝負できる

という作品としての面白みにつながる弱点なんじゃないかなって思うのですよね。

一人のエースが無双するのではなく、エースとして成長していく過程を描けますし、

エースに補助するキャッチャーとしての幸斗の姿も描けますので。



1冊で綺麗にまとまっていますが、次巻に続くような引きでもありますので2巻の刊行を期待しています。

その際にはバッテリーとしての成長はもちろん、卓のバッティングや、チームとしての試合も見てみたいですね。



その他、この巻で気になった点を以下につらつらと記載してます~

・幸斗くん、みんなに変われているね
 作中だとキャッチングが上手いくらいのイメージなので、
 次巻以降に彼が評価されている理由がもっと詳しく書かれるのかな?

・渚ちゃん、チョロインすぎるんじゃないでしょうか?
 もともと惚れていたから仕方ないのかもしれないですが、
 ツンツンしてたところがアッサリなくなっちゃって肩透かしですわ
 また仲良くなるまでの過程があった方が、好意が明らかになったときの喜びも大きいんだけどな。

・卓くんの目は凄い武器だと思いますね。
 彼、草野球もやってなかったのに守備もばっちりこなしてたし才能あるな
 でも、作中人物は特に卓くんについては期待しているという描写がないのが謎いです。


今回はこんなところで。
拙い文章を読んでいただきまして、ありがとうございました。


自分が今一番面白いと思っている野球漫画はバトルスタディーズです
今年で廃部となってしまったPL学園野球部をモデルとした野球漫画です。
作者が元PL野球部出身ですので、PL野球部の裏話的な学園生活の姿も楽しめますし、
野球の試合、練習のシーンが面白いのでお勧めです。
ダラダラとした試合や練習描写もないので、サクッと楽しめると思いますよ
バトルスタディーズ(1) (モーニングコミックス)


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック