【ネタバレあり感想】冴えない彼女の育てかた 10巻 (丸戸 史明) (ファンタジア文庫)

冴えない彼女の育てかた (10) (ファンタジア文庫)
冴えない彼女の育てかた (10) (ファンタジア文庫)
《Amazonからのあらすじ引用》
加藤と英梨々の和解を経て、ゲーム制作に専念できる環境が整った俺たち「blessing software」は、夏に向け作業を進めるべく、海の見える温泉地で合宿を行うことになった。「皆さんにおかれましては、イラスト映えするかわいやらしい水着の準備をよろしくお願いしますっ!あ、先輩もカッコいやらしいビキニパンツ的な水着よろしくお願いしますっ!」「…その合宿、サークル代表的に何もかも初耳なんだけど」しかも、なぜか英梨々・詩羽先輩のOG2名まで同行することに!!さらには、そんな状況に追い打ちをかけるように、あの“ラスボス”までもが彼女らを追ってやって来て―!?


GSというナンバリングされていない本編を挟んで、冴えない彼女の育て方10巻にな
ります。

新シリーズになって出番が控えめになってしまった詩羽先輩メイン、当番回なので
す。

詩羽先輩が一押しの自分としては待ちに待った当番回ですよ。

ちなみに、GSを外伝だと思って読まずに飛ばしちゃった方がいたら、10巻を読む前
に、今すぐ読んでくるのです。

読んでいないと何故だろう前巻話が繋がらないってことになっちゃいますので(笑




夏といえば合宿編で恋愛イベント満載だろう!!

という良くある学校部活物みたいな展開を予想してると、不意打ちで痛くなる流れ
でしたね。

待望の詩羽先輩メイン回でしたが、だからこそ先輩好きにはズキズキと胸が痛む描
写があって、

その部分を読むのが辛かったですよ。

新シリーズに入る前、入った後に何度も描写されていたキツイ点

英梨々のイラストが評価されていくなかで、詩羽先輩のシナリオが評価されていな


そのキツイ点がクローズアップされ、詩羽先輩はどうなるのか?

そして倫也は、詩羽先輩に何をして何ができるのか?ということが描かれています




確かに詩羽先輩ファンの自分として、途中途中読むのがキツイ描写が多かったです


そこにいたるまでのコメディパートの面白さ、主人公である倫也くんの決断と行動


そして倫也くんと詩羽先輩を表から影から支える女性陣の姿に最後まで楽しく読む
ことができました。

キツイ描写は確かにありますが、その描写がきつかった分、終盤のシーンに感動し


エピローグ その二を見て素直に笑えたと思いますね。


丸戸先生の作品は温いだけじゃなく、時にキツイ位の描写があるから嵌ると抜けれ
ませんわ(笑

また、イラストの深崎先生の挿絵がすごい効果的に使われているのもこの作品の良
いところですね。



ここまでは出来るだけネタバレにしない感想を書いてきました。

ここから下は冴えない彼女の育てかた 10巻 のネタバレを含む感想となります。

まだ未読の方は、ここまでで引き返すことをお勧めいたします。









夏のサークル合宿でキャッキャッウフフを楽しむぞと思っていましたが

そんなイベントがあったのはホテルまでの移動の電車で終わりという悲しみ。

ホテル到着後、紅坂朱音の襲撃という嵐の到来が厳しい展開を予感させましたよね。

合宿先での『フィールズクロニクル』の制作打ち合わせで、英梨々から出た

『護ってあげて』という台詞がこの後の展開をすべてを表していました。



詩羽先輩のあげたシナリオへのダメ出し

紅坂朱音から、シナリオをすべて否定されゴミ扱いされる。

クリエイターとして創作物にダメ出しをされるのだけでもキツいのに、

ダメ出しされているその現場には自分の作品を認めてくれ、自分の才能を崇拝している倫也くんがいる。

詩羽先輩の立場に自分が立たされたとしたら、死にたくなるくらい嫌になる場面ですわ。

好きな人、尊敬してくれている人の前で一番見せたくない自分を見せることになったんですから。

詩羽先輩がその後、倫也くんと別れるまで気丈に耐えた姿

別れた後の電車の中で、護るといっていた英梨々の前で泣いた詩羽先輩の姿

どちらも私の胸に来るものがありました。

この悲しみの涙を流した詩羽先輩の姿が挿絵で描かれているのが良いですよね。

文章と挿絵の相乗効果で、よりこのシーンが胸に来るものがありましたよ。



このシーンを見たからこそ、後に倫也くんが詩羽先輩を後押しするため

冴えない彼女の育て方(仮)の詩羽先輩(仮)ルートをプレイしてもらった時の

詩羽先輩が流す怒りの涙のシーンがより輝いていたました。

倫也くんの作成した詩羽先輩(仮)ルートをプレイして、

詩羽先輩はクリエイターとしての自分は決して弱くなく、誰かに甘えることは無いと自覚したのですから。

自分を尊敬してくれている倫也くんに、そんな弱い姿を見せたくないし、

自分は弱いままでいてはいけないと怒りの涙を流す詩羽先輩は、何よりクリエイターとしての自分を優先しているんですね。

恋愛優先で考えれば弱い自分を支えてほしいと弱みを見せることも考えられましたから。

詩羽先輩は恋愛より、クリエイターとしての自分を

倫也くんに好かれるより、倫也くんに尊敬され目標とされる自分を選んだのだと思います。

倫也くんの詩羽先輩(仮)ルートの初稿エンディングを考えると、

倫也くんにとって詩羽先輩は恋愛の対象と言うより、クリエイターとしての目標であり

尊敬する人物であり、憧憬の対象って感じですよね。

詩羽先輩が好きな私としては残念なような気もします(笑)


今回は詩羽先輩の当番回という事で、他のヒロインたちは出番が控えめです。

ですが、それぞれに見せ場をつくっていますので存在感はありましたね(除く出水ちゃん)

美智留は詩羽先輩を呼び出したり、からかったりと気持ちを楽にしてくれましたし、

英梨々は、詩羽先輩を護るために助言や行動を共にしてくれましたし、

恵は、詩羽先輩を後押しすることを迷う倫也くんを後押ししてくれましたから。

とくに恵は、今回出番が控えめなのに大事なところを色々もって行って存在感が半端ないですね(笑)

『ほんと、どんだけ好きなんだか』

『彼女を想ってなくの、わたしの前だけに、しときなよ?』

どちら台詞も恵がどう思って口に出したのかを考えると胸が熱くなりますね。

この存在感はメインヒロインの面目躍如としかいえないですね。



英梨々当番回、英梨々と恵のメイン回、詩羽先輩当番回と来ましたので、

そろそろまた恵の当番回も見たくなってきましたよ。

作中の季節は夏コミの時期まで来ましたし、そろそろ冴えない彼女の育て方(仮)の

シナリオも完成させるべき時期に来ています。

恵当番回で、恵と倫也くんの関係をゲームのシナリオに落とし込み、

2人の関係が更に進む姿を見てみたいですね。

年内にもう一冊新刊が出てくれると嬉しいですね(笑)

次巻も楽しみにさせていただこうと思います。



その他、この巻で気になった点を以下につらつらと記載します。

・口絵の水着姿すごくいいですね
 合宿シーンがほとんど描かれてなかったので、どこか短編でお願いします!!

・出てくる女性キャラ、大半めんどくさいところとダメなところが良いですね
 丸戸先生はめんどくさいところとダメなところとを描かせたら天才ですわ。
 めんどくさいから嫌い、じゃなくて、めんどくさいところが良いってキャラばっかりですね

・出水ちゃんどんどんダメな子になっていくなあ
 今巻で唯一コメディパートでのみ輝くキャラになってしまった
 次巻での巻き返しを期待しますぞ

・エピローグその二で幸せそうな詩羽先輩がみれてよかった
 私も詩羽先輩(仮)ルートを遊びたいですぞ。


今回はこんなところで。
拙い文章を読んでいただきまして、ありがとうございました。


関連記事
冴えない彼女の育てかた 10巻 感想
冴えない彼女の育てかた 11巻 感想
冴えない彼女の育てかた 12巻 感想
冴えない彼女の育てかた Girls Side3巻 感想
冴えない彼女の育てかた 13巻 感想

丸戸先生がシナリオを担当したゲームで自分が一番好きなのはこれです。
ホワルバ2もいいのですが、主人公の性格とヒロインのカトレア、里伽子が好きなので。
冴えない彼女が好きなら楽しめると思いますので、パルフェ未プレイの人が居たら是非~
パルフェ (初回限定版) (特典 「オリジナルサウンドトラック」「フルリメイクサウンドトラック」 同梱)

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック